手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

久しぶりの休み

 昨年、勧められ11月から書き始めた「手元供養のすすめ(仮題)」の執筆も7月24日の発刊(祥伝社新書)が決まり、6月中には最終校正を終え私の手から離れます。
 何しろ始めての本の執筆、縁あって原稿を見ていただいた東寺の土口和尚や学習院大学の中村教授から、心強いお褒めのご講評をいただきホッとしております。
 今日は博国屋も休み。
手元供養の意味、社会的な役割を改めて考えてみたいと思い、生者と死者の関係、供養の心、日本人の死生観などに関連する本をあらためて読み直しています。

今日は、そんな中で心に残った、二歳の息子を失った時に書かれた中原中也の詩をご紹介します。

         「永訣の秋」

月夜の晩に、ボタンが一つ/波打際に、落ちていた。
それを拾って、役立てようと/僕は思ったわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず/僕はそれを、袂に入れた。


月夜の晩に、ボタンが一つ/波打際に、落ちていた。
それを拾って、役立てようと/僕は思ったわけでもないが
月に向かってそれを抛れず/波に向かってそれは抛れず
僕はそれを、袂に入れた。


月夜の晩に、拾ったボタンは/指先に沁み、心に沁みた。
月夜の晩に、拾ったボタンは/どうしてそれが、捨てられようか?



今月初め、大阪から来られた山田さん。ご両親を半年の間に相次いで亡くされ骨壷を並べ毎晩語りかける日々だそうです。かけがえのない人の死。深い悲しみは、経験者しかわかりません。中也と重なって思い出しました。届いた手元供養がお役に立つことを祈っています。




スポンサーサイト

4月わくわくどきどきの出会い2人

2007年4月は、私が12年間主宰してきた大阪・京町堀の街づくりの事務所「カン綜合計画」閉店を決意した人生の大きな節目でした。セゾン時代を含めると33年間、街づくりに携わってきました。
この間、各分野のほんとうにたくさんの秀れた人に出会え、仕事にも恵まれ腹いっぱい、目いっぱいの時間を過ごすことが出来ました。
わたしやチームが関わり産んだ子どもたち(つくりあげた街や人)が、美しく元気に育っていることが私の誇りでもあります。

 無常を知る齢(よわい)五十八となり、 此岸(この世)の街づくりは後進に任せ、生んだばかりの「手元供養」に専念しようと心に決めたわけです。

手元供養は彼岸のまちづくり・家づくりと考えていました。

 そんな 4月のある日、人権運動家の知人 大賀さんとご一緒に東寺の教化部長土口哲光和尚にお目にかかりました。
 和尚は、にこやかで柔和なお顔の奥に豊富な人生経験と生きた仏教哲学を秘めた飾らないお人柄。
 手元供養文化を広めようという私の話を真剣に聞いていただき、そのあと雑談のかたちでの旧知、賢兄お二人の思い出話は、それとなく未熟な私に新しい文化をかたちづくっていく運動の進め方やこころの持ち方をご示唆いただいた貴重な貴重な4時間でした。
 その間、シンプルで美味しいお寺のお昼や、堂本印象の襖絵のある小子房まで見せていただき、心も舌も目も果報。お二人の私の船出へのエールに感謝・深謝の1日でした。
 後日、和尚から頂いたエッセイに「仏教では、『生死一如』といって、生きることは、即ち死ぬことで、死は遠いところにあるものではなく常に側に存在すると説かれています。」と書かれていました。此岸も彼岸も一緒。エロスとタナトスは隣り合わせと言うことでしょうか?

とすれば、わたしの此岸と彼岸の街づくりは洒落でなく同じものを追求しているんだ。と、腑に落ちたしだいです。(自分では進歩と思っていたのに何たることか!)

 そして、この4月のもう一人の出会い。
名古屋に棲む私と同い年のとてもチャーミングなエッセイスト内藤洋子さん。娘さんが、大学院で先祖祭祀の研究をしていて手元供養に興味を持ちそのご縁でご一緒に博國屋に来られました。もう少し手元供養のことを聞きたいと。

小論文とフィジカルから読み取れる聡明で明るい娘さんの1/2の遺伝子の素は、やはり。
 母でもある内藤洋子さんは、只者ではなく波乱万丈の人生を挫けず、明るく、前向きに、楽しく生きている人のように感じました。
 その姿はまさに高杉晋作の「おもしろき こともなき世をおもしろく 住みなすものは心なりけり」を地でゆく人のようでした。
 
 すべては、「心なりけり」。

 やはり後日送っていただいた著書「女のモノサシ」を読んで、彼女の豊かな感性とともにお目にかかった印象を確認、確信した次第。

同じ歳。負けてられない。そして元気をありがとうございました!

悩みながらも、大きな決断をしたこの4月。お二人との新しい出会いに感謝・感謝。

内藤洋子さんの娘さん、内藤理恵子さんは大学のかたわらプロの似顔絵画家。似顔絵を贈っていただきどうもありがとう。理恵子さんに映った私は眉が印象的だったようです。


20070512015803.jpg

プロフィール

博國屋店主

Author:博國屋店主
セゾンのデベロッパー会社で21年。独立してまちづくり事務所を13年。この間、国内やアメリカやヨーロッパのすぐれたまちづくりを学び、関係する全国のまちづくりに関わってきました。
そんな私が父の死をきっかけに両親の葬送や供養について考えざるをえなくなりました。
葬送について何も知らなかった私が、時代にあった供養を研究し、たどりついた結論。それが手元供養でした。(手元供養は私の命名です)友人清水泰博教授(東京芸大)と1年余り試行錯誤を繰り返し、日本で始めて作り上げた手元供養品が「おもいで碑シリーズ」です。今や「おもいで碑 地蔵」は、手元供養の代名詞に育ちました。

大切な人をオブジェやペンダントにして手元供養しませんか?と、新しい葬送文化を提唱し11年の歳月が流れました。

今では、色々な手元供養品が商品開発され「手元供養」という言葉も定着してきました。ありがたいことです。

博國屋を通して学んだことを’07年には、「手元供養のすすめ」を書き、お墓や供養のことで悩まれている人へと樹木葬や散骨などお墓に替わる新しい葬送情報を利用者の言葉も交えわかりやすい解説書として翔伝社新書から出版しました。

リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ