手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男とヒゲ

13年ほど前になるが、阪神大震災を受け六甲アイランドの職場にも行けず無精ひげがきっかけで口髭を蓄えたことがあった。


同じようなきっかけからか震災直後の神戸の街を歩くと自分のような新米口ひげによく出会った。お互い目が合うと相手のひげを見合い、苦笑いしながら目でエールを送りあったものだ。
戦争や大震災など、乱の時代、男はおんな子どもを守らんと野生の本能がむくむくと湧き、雄(オス)の姿をとるものらしい。
ヒゲは、そんな大人の雄の象徴かな?と思ったことがある・・。

そんなきっかけで始まった私の口髭もまわりからは賛否両論あった。
人から似合わないと言われると、当人はたいしたこだわりはなかったのだが闘争心が刺激され、鏡と相談し髭の形を変えながら7年間つづいた。

その頃には、まちづくり企画の事務所をやっており、いつしか「ヒゲ」は私のトレードマークになっていた。


願掛けを信じてるわけではないが、父親のがん告知を受け、一日も長くと願い酒もタバコもやめられない私は、ひげを剃ることとした。
周りの人には片方剃りすぎ、結局 全部剃っちゃたよと言い訳をいい・・。


あれから又、7年の月日が流れた・・。この間、父をそしてこの6月には母を見送った。
先週、母を父の眠る海に散骨し一つの区切りがついた。
また、無精ひげを蓄えはじめた。


今回は、阪神大震災ほどの意味もない髯(あごひげ)面の再登場だ。

いつまで続くか?

今度は本当に剃りまちがいで全部剃ってしまうかもしれない。


故郷高浜の海辺でおこなった早朝の母の散骨。 良寛の師匠との別れとはシテュエーションは異なるが、無常を感じ私の思いと重なった良寛の漢詩。


一朝分飛後   一朝 分飛して 後(のち)
消息兩茫々   消息 兩(ふたつとも) 茫々たり


しかし、一部は手元供養となり 確かに子どもたちの許に在り。・・・か。


やすらかに、そして天上から 子どもたちを見守ってください。



スポンサーサイト

博國屋開業6周年を迎えます

今日、8月8日で有限会社博國屋は6回目の誕生日を迎えます。
博國屋最初の手元供養品「おもいで碑」の試作開始から試行錯誤を繰り返した1年を含めると7年が経ちました。

まちづくりの企画事務所を経営しながら、父への思いから手元供養を考えるに至り、多くの友や仲間にそして家族に支えられた7年でした。心から感謝・感謝です。


博國屋からお届けした手元供養品も3千人を超える人の許で、日々供養の対象となっています。感謝のお手紙やハガキも100通を超えこの仕事に携える喜びに感謝しています。
昨年夏には、ご縁をいただいた詳伝社から新書「手元供養のすすめ」を出すことができました。今日も、大津からこの本を読んだという女性が訪ねてきて、たいへん参考になったとお地蔵さんを購入され帰られました。


仲間と一緒につくったNPO手元供養協会もこの6月で3年。手元供養という新しい日本の供養文化の啓蒙のため、この3年間で「手元供養展」6回、「自分らしい葬送を考える企画展」5回を開催し、全国11都市延べ2,880人の来場者に感謝され喜んでいただいています。

このような活動を通じて多くのマスコミや、全国の葬送を考える市民団体、日本人の死生観・供養観を考える研究者の賛同、共鳴、評価を得、多くの市民にも新聞やテレビ、雑誌、ミニコミ誌、団体機関紙、葬儀本、思想専門書でも取りあげられ「手元供養」も多くの人に知られるようになりました。有り難いことです。


10日程前、博國屋の手元供養品をご購入いただいた方からのメールで
「貴社の供養品に対するお考えに賛同いたします。 いつしか供養が宗教者の主導権の元に置かれてしまっていたようですが、 亡き人を偲ぶ行為はそもそも個人のものだったはずです。 宗教者やお墓制度からの脱却、原点回帰の風潮あるのだと思っています。墓地に対する考えも変化してゆくことでしょう。死生観、宗教観、価値観が墓石文化が根付いた明治期より大きく変わってきています。手元供養にかぎらず、散骨や樹木葬など選択肢の幅が求められることと思っています。」というものでした。


以前、朝日新聞の「天声人語」で、
「都会では、お墓や仏壇が縁遠くなりつつある。 死者をしのぶ行為は本来、すぐれて 個人の心の問題だ。しきたりや世間体を離れ、簡素でも自分に正直に、 気が済むようにすればいいとも思う。」という文とともに手元供養が紹介されましたが、この手元供養品の購入者が全く同じ思考をしていることにびっくりしました。


博國屋も、今日、ワインで乾杯し苦労の6年間を思い出しながら開業7年目第1日目を祝うと同時にスタッフ一同で更なる発展を誓いました。

今夜、家族で故郷松山に帰ります。母の散骨と想い出の島で 海に遊び、翌日は船釣りを楽しむ予定です。
出発前、子どものようにワクワクしています。では、また。
プロフィール

博國屋店主

Author:博國屋店主
セゾンのデベロッパー会社で21年。独立してまちづくり事務所を13年。この間、国内やアメリカやヨーロッパのすぐれたまちづくりを学び、関係する全国のまちづくりに関わってきました。
そんな私が父の死をきっかけに両親の葬送や供養について考えざるをえなくなりました。
葬送について何も知らなかった私が、時代にあった供養を研究し、たどりついた結論。それが手元供養でした。(手元供養は私の命名です)友人清水泰博教授(東京芸大)と1年余り試行錯誤を繰り返し、日本で始めて作り上げた手元供養品が「おもいで碑シリーズ」です。今や「おもいで碑 地蔵」は、手元供養の代名詞に育ちました。

大切な人をオブジェやペンダントにして手元供養しませんか?と、新しい葬送文化を提唱し11年の歳月が流れました。

今では、色々な手元供養品が商品開発され「手元供養」という言葉も定着してきました。ありがたいことです。

博國屋を通して学んだことを’07年には、「手元供養のすすめ」を書き、お墓や供養のことで悩まれている人へと樹木葬や散骨などお墓に替わる新しい葬送情報を利用者の言葉も交えわかりやすい解説書として翔伝社新書から出版しました。

リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。