手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

関東の斎場でも部分拾骨お願いできるそうです。

人生何回火葬場に行くのでしょう。


私は、今まで両親や身内を見送るため6,7度、火葬場に行きました。

そして、ほんとうに最後のお別れとなる炉前で、柩の中の顔を見ながら心の中で「ありがとう」「さようなら」と、お別れの言葉を伝えます。
成仏してくださいと瞼を強く閉じると、生前の想い出がどっと押し寄せ、泣くまいとの思っているのに涙が溢れでます。いつもそうです。


2月16日「火葬研」主催の見学会で埼玉上尾の「斎場(火葬場)」を見学してきました。映画「おくりびと」の撮影現場となった酒田市葬祭場を設計した火葬研の代表八木澤壯一先生も来られていました。


「おくりびと」で銭湯の女主人吉行和子に思いを寄せる笹野高史さん扮する火葬場の職員が火葬される吉行を炉の裏の子窓から覗きながら、「死んだ人は門に入って行くんですね。だから我々も門に入ればまた会えるんですね」とつぶやきます。あきらめきれないながらも納得したような平田正吉の顔が何とも印象的でした。


そして、はじめて実際に日々使われている炉の裏の子窓から炉の中を見ました。自分と重ね合わせ、いろんな思いが沸き起こりました。見学会のあと予定していた生まれたばかりの孫に会いに行かず八木澤先生と渋谷で一杯となりました。酒の力を借り、心をほだした後、初対面の孫の可愛くいじらしかったこと。
「命」について深く思った1日でした。


私は、電話取材も含め確認し著書「手元供養のすすめ」の中でもフォッサマグナ以東の火葬場では、全骨拾骨と書きましたが、今回見学した上尾の斎場では事前に依頼すれば部分拾骨も可能とわかりました。近所の斎場でも同様の対応をしているとか・・。部分拾骨が当たり前の関西出身住民の人からの依頼が多くそういうことにしているとか。

「誤りを正すに、はばかることなかれ!」関東の皆さん!少なくとも埼玉上尾地区では部分拾骨可能です。希望者は斎場に葬儀社を通じ事前に申し入れましょう。直前でも斎場売店で小さな骨壷を手当てできるそうです。

できれば手元供養で・・・。大切な人が亡くなっても、あなたの側できっとあなたを見守ってくれているはずです。



上尾の斎場の炉前

最後のお別れ斎場炉前
スポンサーサイト
プロフィール

博國屋店主

Author:博國屋店主
セゾンのデベロッパー会社で21年。独立してまちづくり事務所を13年。この間、国内やアメリカやヨーロッパのすぐれたまちづくりを学び、関係する全国のまちづくりに関わってきました。
そんな私が父の死をきっかけに両親の葬送や供養について考えざるをえなくなりました。
葬送について何も知らなかった私が、時代にあった供養を研究し、たどりついた結論。それが手元供養でした。(手元供養は私の命名です)友人清水泰博教授(東京芸大)と1年余り試行錯誤を繰り返し、日本で始めて作り上げた手元供養品が「おもいで碑シリーズ」です。今や「おもいで碑 地蔵」は、手元供養の代名詞に育ちました。

大切な人をオブジェやペンダントにして手元供養しませんか?と、新しい葬送文化を提唱し11年の歳月が流れました。

今では、色々な手元供養品が商品開発され「手元供養」という言葉も定着してきました。ありがたいことです。

博國屋を通して学んだことを’07年には、「手元供養のすすめ」を書き、お墓や供養のことで悩まれている人へと樹木葬や散骨などお墓に替わる新しい葬送情報を利用者の言葉も交えわかりやすい解説書として翔伝社新書から出版しました。

リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ