手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから もう 5年。

中外日報記事
今日、中外日報に勤めている友人からメールが届きました。

3月はじめに一週間かけ被災地を回ってきたとのこと。
あちこちで聞いた共通の思いは、「5年? 節目なんかじゃないよ。
苦しみはずっと続いたままです。」
ということだったそうです。


大震災以降、ブログ苦手な私も毎年3月11日に思いを書いてきました。
今年は気が重く書けないまま、悩んでいたらメールが届き、今、パソコンに向かっています。
震災間もない20011年6月、復旧基地だった遠野で被災者の方たちのお役に立てばと「いのち
の話と祈りのコンサート」を手元供養協会主催でおこない、個人としても5月から12月まで
「いのちのドングリプロジェクト」を興し、612個のドングリを被災者家族にお届けしました。
深く関わってきた思いがあります。
あれから5年。
「自分事(ごと)でない」  被災者への思いの希薄に直面しています。
人はどんな理不尽な状況に置かれても、結局、自分で克服するしかないのでは、と思うのです。
昔からそうやって生きてきた。自然相手では。
被災者に対して、個人的な助け合うことの大切さや、やさしさは失ってはならない。
しかし、それが他力である政府や組織に向けられると自立の妨げになりかねないと思っています。
自立の妨げは、心の問題であり 「被害者意識」に他なりません。
小さな私には、不屈の希望と粘り強さを願うのみです。

いつものように6月11日の朝も、神棚に向かい「東日本大震災の被災者、ご遺族のうえに今日も
いっぱい良いことがありますよう!」と祈った。
そして、これからの1年も、この祈りを続けようと心に決めました。

スポンサーサイト
プロフィール

博國屋店主

Author:博國屋店主
セゾンのデベロッパー会社で21年。独立してまちづくり事務所を13年。この間、国内やアメリカやヨーロッパのすぐれたまちづくりを学び、関係する全国のまちづくりに関わってきました。
そんな私が父の死をきっかけに両親の葬送や供養について考えざるをえなくなりました。
葬送について何も知らなかった私が、時代にあった供養を研究し、たどりついた結論。それが手元供養でした。(手元供養は私の命名です)友人清水泰博教授(東京芸大)と1年余り試行錯誤を繰り返し、日本で始めて作り上げた手元供養品が「おもいで碑シリーズ」です。今や「おもいで碑 地蔵」は、手元供養の代名詞に育ちました。

大切な人をオブジェやペンダントにして手元供養しませんか?と、新しい葬送文化を提唱し11年の歳月が流れました。

今では、色々な手元供養品が商品開発され「手元供養」という言葉も定着してきました。ありがたいことです。

博國屋を通して学んだことを’07年には、「手元供養のすすめ」を書き、お墓や供養のことで悩まれている人へと樹木葬や散骨などお墓に替わる新しい葬送情報を利用者の言葉も交えわかりやすい解説書として翔伝社新書から出版しました。

リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。